ジアゼパムについて

ジアゼパムDiazepam)は、主に抗不安薬、抗けいれん薬、催眠鎮静薬として用いられるベンゾジアゼピン系の化合物です。筋弛緩作用もあります。アルコールの離脱や、ベンゾジアゼピン離脱症候群の管理にも用いられます。ジアゼパムは広く用いられる標準的なベンゾジアゼピン系のひとつで、世界保健機関(WHO)による必須医薬品の一覧にも加えられています。また広く乱用される薬物であり、1971年の国際条約である向精神薬に関する条約のスケジュールIVに指定され、日本では処方箋医薬品の扱いです。処方・入手は医師の処方箋に限られます。

ジアゼパムはてんかんや興奮の治療に用いられます。また、有痛性筋痙攣などの筋痙攣の治療にはベンゾジアゼピン類の中で最も有用であるとされています。鎮静作用を生かし手術などの前投薬にも用いられます。アルコールやドラッグによる離脱症状の治療にも用いられることもあります。

有害事象

ジアゼパムによる有害事象としては、前向性健忘(特に高用量で)と鎮静、激昂やてんかん患者における発作の悪化といった奇異反応が挙げられます。またベンゾジアゼピン系はうつ病を悪化させることがあります。ジアゼパムも含め、ベンゾジアゼピンの長期的影響として耐性の形成、ベンゾジアゼピン依存症、減薬時のベンゾジアゼピン離脱症状があります。ベンゾジアゼピンの中止後の認知的な損失症状は、少なくとも6か月間持続する可能性があり、いくつかの損失症状の回復には、6か月以上必要な可能性があることが示されています。ジアゼパムには身体的依存の可能性があり、長期間にわたって使用すれば身体的依存による重篤な問題の原因となります。処方の慣行を改善するために各国政府に対して、緊急な行動が推奨されています。

適応

ジアゼパムは以下のように、非常に広範な適応を持ちます。

・不安、パニック発作、興奮状態の治療(短期かつ初期段階)

・重度の不眠症の短期的治療

・手術前・手術後の鎮静

・破傷風(他の積極的な治療と併用)

・疼痛を伴う筋疾患の補助療法

・脳卒中、多発性硬化症、脊髄損傷などを原因とする痙性麻痺(片麻痺、四肢麻痺)の補助療法(長期療法としてリハビリテーションと併用されます)

・双極性障害の躁状態の初期管理(短期間に限る。リチウム、バルプロ酸などの第一選択薬と併用されます)

・幻覚薬、および中枢神経興奮薬の過量摂取に対する補助療法

・アルコール、ベンゾジアゼピン、ならびに麻薬の離脱症状の緩和(医師による注意深い監視を要します)

・神経遮断薬(抗精神病薬)の、早期の錐体外路性副作用に対する補助療法

数週間を越える服用後は、急にジアゼパムを中止せずに徐々に離脱するようにしてください。ジアゼパムの離脱には数週間、時に数ヶ月を要します。最初の50%は比較的急激に減量でき、次の25%はかなりゆっくり、最後の25%は極めて緩徐に減量します。これは重大な問題になるおそれのある離脱症状を避けるためです。50%の減量後に一時的な休薬が指示されることもあります。

作用機序

動物では、ジアゼパムは大脳辺縁系、ならびに視床と視床下部に作用して鎮静作用をもたらします。作用は、特異的なベンゾジアゼピン受容体に結合することでもたらされます。γ-アミノ酪酸(GABA)受容体のうちのGABAA受容体-Clチャネル複合体のα部位という部分にジアゼパムが結合することで、GABAの作用が増強されます。GABAの作用は抑制作用です。ジアゼパムは全身組織や脂肪組織に再分布し、ベンゾジアゼピン受容体の誘導(発現増強)も引き起こします。人間では、鎮静作用に対する耐性は数週間以内に形成されますが、抗不安作用に対する耐性は誘導されません。なお、ロラゼパム、クロナゼパム、アルプラゾラムなどはジアゼパムよりも強い抗不安作用を持ちますが、これらの薬剤はジアゼパムよりもさらに強い依存のリスクを伴います。

絶対禁忌

急性狭隅角緑内障(本剤の弱い抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状が悪化するおそれがあります)

・重症筋無力症(本剤の筋弛緩作用により症状 が悪化するおそれがあります)

・急性アルコール・睡眠薬・精神作動薬中毒

・運動失調

・重症呼吸不全

・重症肝不全

・ベンゾジアゼピン類への過敏症、アレルギー