ロゲインについて

発毛剤ロゲインRogaine)は有効成分としてミノキシジル(Minoxidil)を含有しています。ミノキシジルは血管拡張薬として開発された成分で、後に発毛効果があることが判明し、発毛剤に転用されました。日本以外では「ロゲイン」の商品名で販売されているほか、日本では一般用医薬品として大正製薬から「リアップ」シリーズが市販されています。

ロゲインはアメリカの食品医薬品局(FDA)によって男性型脱毛症に対し育毛作用があることが承認された発毛剤です。毛根の血管を拡張し、髪となる栄養を吸収しやすくします。脱毛を抑えて、髪の成長を促す働きがあります。薄毛の気になる方や男性型脱毛症(AGA)で育毛ケアをお考えの方に適した育毛剤です。

歴史

1960年代にアップジョン社(現在のファイザー)が創製し、高血圧の経口薬として用いられていました。しかし後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代にアップジョンがはげや脱毛症の治療用として2%のミノキシジル外用溶液をロゲインとして販売し始めました。内服薬としては副作用が発見されたため頭部に塗布する液状の外用薬として発売されています。

日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品が未発売ですが、大正製薬が一般用医薬品(大衆薬)として開発を行い、1999年からミノキシジル成分1%のリアップとして発売されています(ダイレクトOTC1号製品)。同時期に国内で承認・上市した(医療用医薬品)バイアグラと共に生活改善薬として人気を博し、発売当初は品薄状態が続きました。

プロペシアとの違い

AGA(男性型脱毛症)治療薬にはフィナステリドを主成分とするプロペシアというものもあります。プロペシアとロゲインの違いは、プロペシアが薄毛の原因に直接働きかけ、薄毛の進行スピードを遅くするための治療薬であるのに対して、ロゲインは頭皮の血流を高めることによって毛根に栄養を行き渡らせ、毛髪の再生を促す治療薬であるということが挙げられます。

用法

11ml12回、気になる薄毛部分にスポイトを利用して直接塗布します。朝・晩の112時間間隔で継続的に使用してください。

効果

・血管拡張作用

・毛乳頭細胞を刺激する作用

血管拡張作用は、血管を拡張し血行を促進する効果です。髪の毛は頭皮に通う毛細血管から栄養をもらって成長するため、血行不良になると栄養が頭皮の隅々まで行き渡らず、健康な髪の生成や成長の妨げとなってしまいます。

毛乳頭細胞を刺激する作用は、発毛の司令を出す「毛乳頭細胞」をミノキシジルが刺激することで活性化させるという効果です。これにより、薄毛が進行してしまったところに、新たな髪を生やすことが期待できます。

副作用

脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みです。ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる基剤成分プロピレングリコールに対するアレルギー反応がしばしば見られます。多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性があります。日焼けした頭皮に使用する場合に発症することが多く、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こる可能性があります。

その他、胸痛、動悸、失神、めまい、急激な体重増加、手足のむくみ、顔周辺の不要な毛の成長が副作用として報告されています。上記の症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

注意事項

・本剤は男性専用です。

・外用として頭皮にしか使用しないでください。

・引火性があるため、火気のある場所に近づけないでください。

・目に入らないよう注意してください。万が一目に入った場合は、冷たい水でしっかり洗い流してください。

・傷・湿疹・炎症等がある頭皮に使用しないでください。