antibiotics

近代医学史上の大きな発見「抗生物質」

抗生物質について

抗生物質Antibiotics)とは「微生物が産生し、ほかの微生物の発育を阻害する物質」と定義されます。広義には、「微生物が産生」したものを化学修飾、あるいは人工的に合成した抗菌剤、腫瘍細胞のような「ほかの微生物」以外の細胞の増殖や機能を阻害する物質を含めることもあります。通俗的に抗ウイルス薬と混同されることもあるがこれは誤りです。 Read more