ジフルカン

ジフルカンについて

ジフルカンとはファイザーが日本で販売している深在性真菌症に用いられるアゾール系の抗真菌薬です。細菌感染症は重篤な症状を引き起こすことがあります。これと同様に、真菌(カビ)によっても病気が引き起こされます。これを真菌症と呼びます。カビの他にも、キノコや酵母なども真菌に属します。

ジフルカンはカンジダ属およびクリプトコッカス属による深在性真菌症および造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防の適応を有しています。1989年に発売されて以来、これらの治療における標準的な治療薬としてジフルカンは医療現場で広く処方されてきました。抗真菌剤としては体液・組織移行性が良好である、副作用が少ない、耐性を獲得しにくいという特徴があります。 Read more