Tenofovir

テノホビル

テノホビルについて

テノホビルTenofovir)は抗ウイルス薬のひとつです。ジソプロキシルエステルまたはアラフェナミド(アラニンイソプロピルエステルとのアミド+フェノールとのエステル)のフマル酸塩として販売されています。

HIV感染症やB型肝炎の治療に用いられます。ギリアド・サイエンシズが開発し、日本では下記の製薬会社へ導出しています。ジソプロキシルエステルの製品名は抗HIV薬としてはビリアード(日本たばこ産業製造、鳥居薬品販売)、B型肝炎治療薬としてはテノゼット錠300 mg(グラクソ・スミスクライン販売)。他にエムトリシタビンとの2剤合剤、リルピビリン・エムトリシタビンとの3剤合剤、エルビテグラビル・コビシスタット・エムトリシタビンとの4剤合剤が承認されています。アラフェナミドはB型肝炎にはベムリディ錠25 mg(ギリアド)が単剤で販売されているのに対し、抗HIV薬としては単剤では製品化されておらず、エルビテグラビル・コビシスタット・エムトリシタビンとの4剤合剤のみが使用できます Read more