この記事はアフィリエイト広告を利用しています。

立ち入り禁止テープ100均にある?選び方や賢い活用方法、口コミまとめ!

「あれ、立ち入り禁止テープってどこで買えばいいんだっけ?100均にあるのかな?」

そう思ったこと、ありませんか?

運動会や、体育祭、文化祭などのイベントや私有地への立ち入りを禁止したい場合、DIYでちょっと本格的な雰囲気を出したい時など、立ち入り禁止テープがあるととっても便利ですよね。

でも、いざ買おうとすると、どこで売っているのか、どんな種類があるのか、どれを選べばいいのか迷ってしまうことも。

そこで今回は、100均で立ち入り禁止テープは売ってるのか?

どこで売ってるのか?

について徹底調査しました

立ち入り禁止テープの種類やおすすめの商品はなど、たっぷりご紹介します。

結論
  • 100均で立ち入り禁止テープ売ってます!
  • ホームセンターでも売ってます!
  • ロフトやハンズでも売ってます
  • ワークマンでは売ってない
  • イオンやコンビニ、ドラッグストアでは売ってない
  • 立ち入り禁止テープは通販でも買える
  • 楽天の口コミ8件+Amazonの口コミ587件を徹底分析
  • 口コミから分かった3つの弱点

立ち入り禁止テープは100均で売ってる?

記事のPoint

  • 100均以外の売ってる場所
  • 立ち入り禁止テープの種類

  • おすすめの立ち入り禁止テープ

  • 立ち入り禁止テープの悪い口コミを徹底調査!3つの弱点と対策方法

ダイソー

種類は少ないですが、売ってます

セリア

種類は少ないですが、売ってます

キャンドゥ

種類は少ないですが、売ってます

100均以外の売ってる場所

カインズ

売ってます

コーナン

売ってます

ムサシ

売ってます

コメリ

売ってます

イトーヨーカドー

売ってます

ロフト

売ってます

東急ハンズ

売ってます

立ち入り禁止テープの売ってない場所

ワークマン

ワークマンでは売ってないです

イオン

売ってないです

マルエツ

売ってないです

セブンイレブン

売ってないです

ファミリーマート

売ってないです

ローソン

売ってないです

マツモトキヨシ

売ってないです

サンドラッグ

売ってないです

ウエルシア

売ってないです

立ち入り禁止テープの種類

立ち入り禁止テープには、大きく分けて3種類のタイプがあります。

1. 粘着テープタイプ

  • 壁や床に貼り付けることができる
  • 手軽に設置できる
  • 剥がす際に跡が残る場合がある

2. 非粘着テープタイプ

  • テープ自体に粘着力がなく、結束バンドやマスキングテープなどで固定する必要がある
  • 粘着テープタイプに比べて跡が残りにくい
  • 設置に手間がかかる

3. マグネット式

  • 金属面に貼り付けることができる
  • 粘着テープや結束バンドを使わなくても設置できる
  • 壁や床を傷つけない
  • 取り外しが簡単
  • 繰り返し使用できる
  • 金属面しか設置できない
  • 強風で剥がれることがある
  • 磁力が弱いものだと、重いものを吊るせない

それぞれのタイプには、素材、幅、色、文字などのバリエーションがあります。 立ち入り禁止テープを選ぶ際には、用途や設置場所に合わせて、適切なタイプを選ぶことが重要です。

以下は、それぞれのタイプの代表的な用途です。

● 粘着テープタイプ

  • 工事現場
  • イベント会場
  • 子供部屋
  • ペットの侵入防止

● 非粘着テープタイプ

  • オフィス
  • 学校
  • 病院
  • 店舗

● マグネット式

  • ホワイトボード
  • 冷蔵庫
  • 金属製のドア

立ち入り禁止テープは、安全確保や整理整頓、雰囲気作りなど、さまざまな用途で役立ちます。 ぜひさまざまな場面で活用してみてください。

おすすめの立ち入り禁止テープ

すぐに欲しい、近所で立ち入り禁止テープが売ってないとお困りなら、通販がおすすめです。

通販なら種類も豊富ですし、最短翌日に手に入ります。

また、口コミを参考にすることで、自分の使用用途にあっているのか?使用する際の注意点などを知ることができるので、口コミを一緒に紹介しますね

374-55 立入禁止テープ

374-55 立入禁止テープは何がいいの?

イベントを盛り上げる!立ち入り禁止テープ活用術

文化祭や体育祭などのイベントで、立ち入り禁止エリアを分かりやすく、そして楽しく演出したいと思いませんか?

蛍光色の視認性抜群の立ち入り禁止テープは、安全確保はもちろん、イベントをより華やかに彩るアイテムとして活用できます。

ノリ付きタイプなら、貼る場所を選ばずに簡単に設置できるのも魅力です。

50m巻きでたっぷり使えるので、広い会場でも安心です。

  • 文化祭
    • 模擬店の厨房や危険な場所の区画
    • テーマに合わせた装飾
    • フォトブースの装飾
  • 体育祭
    • 競技場の区画
    • 応援席の装飾
    • ゴールテープ

立ち入り禁止テープは、安全を守るだけでなく、イベントを盛り上げるアイテムとしても活用できます。

キケンテープ 4ヶ国語

キケンテープ 4ヶ国語は何が良いの?

警戒色の赤と黒が視界に飛び込み、日本語、英語、中国語、韓国語で「立ち入り禁止」を力強く警告! まるで、工事現場の警備員が4ヶ国語で注意しているような安心感です。

特徴

  • 幅広60mmで遠くからでも目立つ!
  • ノリ無しタイプだから、必要な場所にピタッと貼り付けられる。
  • 50m巻きだから、長距離の警戒もバッチリ!

おすすめ

  • 広い工事現場やイベント会場など、多くの人に注意喚起したい場所
  • 外国人観光客が多い場所
  • 視認性の高い警戒テープを求めている人

ミツギロン コーン用バリアライン きけん立入禁止

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミツギロン コーン用バリアライン きけん立入禁止 (代引不可)
価格:5,359円(税込、送料別) (2024/3/5時点)

楽天で購入

ミツギロン コーン用バリアラインは何が良いの?

コーンと組み合わせれば、簡易バリケードの完成! まるで、立ち入り禁止の意思を固く表明する門番のようです。

特徴

  • コーンに簡単に取り付けられる。
  • 風に強く、屋外でも安心!
  • 夜間でも視認しやすい反射素材を使用。

おすすめ

  • 車や自転車の進入を防ぎたい場所
  • 屋外での作業現場
  • 夜間のイベント会場

立ち入り禁止テープの悪い口コミを徹底調査!3つの弱点と対策方法

イベントや工事現場など、様々な場所で活躍する立ち入り禁止テープ。

しかし、その一方で「風が強いとすぐ切れる」「すぐに切れる」「暑いと伸びてだらける」といった悪い口コミも目立ちます。

そこで今回は、これらの口コミを徹底調査し、3つの弱点とそれぞれの対策方法をまとめました。

記事を読み進めることで、立ち入り禁止テープ選びのポイントや、より安全に利用するためのヒントが得られるでしょう。

1. 風に弱い

風の強い場所で使用すると、テープが簡単に破れたり、飛んでいってしまうことがあります。

対策方法

  • 厚手のテープを選ぶ: 薄手のテープよりも風になびきにくく、破れにくい。
  • 重りを付ける: テープの下に重りを置くことで、風で飛ばされるのを防ぐ。

2. すぐに切れる

カッターなどで簡単に切れてしまうため、意図せず破損してしまうことがあります。

対策方法

  • 強度の高いテープを選ぶ: 強度が記載されているものを選び、用途に合ったものを選ぶ。
  • 養生テープと併用する: 補強のために養生テープを貼ることで、破れにくくなる。
  • 結束バンドを使う: テープ同士を結束バンドで繋ぎ、強度を高める。

3. 暑いと伸びてだらける

高温になるとテープが伸びてしまい、本来の役割を果たせなくなることがあります。

対策方法

  • 耐熱性の高いテープを選ぶ: 高温でも伸びにくい素材を使用したテープを選ぶ。
  • 直射日光を避ける: 直射日光が当たると、テープが劣化しやすくなる。
  • 日陰で使用: 日陰で使用することで、高温による劣化を防ぐ。

立ち入り禁止テープは、使い方や環境によっては、思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。今回ご紹介した3つの弱点と対策方法を参考に、用途に合ったテープを選び、安全に利用しましょう。

補足

  • 立ち入り禁止テープは、安全のために使用するものです。破損や劣化が見られる場合は、新しいものに取り替えましょう。
  • テープの種類によって、強度や耐熱性などが異なります。使用場所や目的に合ったものを選ぶことが重要です。
  • テープを使用する際は、取扱説明書をよく読んでから使用しましょう。

まとめ

記事を書く中で、立ち入り禁止テープのいろんな使い方や、どんな種類があるか、もっと詳しく知ることができました。

100均での売り場や通販サイトでも、テープがどんな風に並んでいるのか、実際に見てみたくなりましたね。

日常の小物でも、その背景にはいろんな情報が詰まっているんだなって、改めて感じました。

これからも、読者のみなさんに役立つ情報や楽しい情報を届けられるようがんばります!