この記事はアフィリエイト広告を利用しています。

仮免許練習中プレートはどこで売ってる?ダイソーにある?

仮免許練習中プレートってどこに売ってるのでしょうか?

ダイソーや他の100均で見つからない場合でも、安心してください。

この記事では、仮免許練習中プレートがどこで購入できるか、自作方法やどこに貼るのか詳しく解説します。

ダイソーなどの100均やホームセンターでは見つからない場合、Amazonや楽天などの通販サイトがおすすめです。

さらに、自作する際の規定やポイントも紹介していきますので、仮免許練習中プレートの準備に役立ててください。

安全な運転練習のためにも、正しいプレートの選び方や作り方を知っておくことが重要です。

また、通販の最安値比較もしています。通販の最安値を知ることで、お得にゲットできますよ!

記事を簡単にまとめると
  • ダイソーやセリアなど100均で売ってない
  • 大型のホームセンターで売ってる可能性がある
  • ドンキの一部店舗でたまに売ってる可能性がある
  • オートバックスやイエローハットなどカー用品店で売ってる
  • 自動車教習所で売ってる
  • 免許センターで売ってる
  • 価格は1,000円~2,000円
  • 仮免許練習中プレートの貼る位置について
  • 車内に貼ってもいいの?
  • 通販の最安値はどこ?
  • 手書きなど自作も可能
  • 運転時の注意点

仮免許練習中プレートどこで売ってる?

記事のポイント
  • ホームセンターで売ってない可能性が高い
  • ドンキでも売ってない可能性が高い
  • 自動車教習所で売ってます
  • 免許センターで売ってます
  • カー用品店で売ってます
  • 仮免許練習中プレートの自作:手書きでもOK
  • 仮免許練習中のプレートで運転する際の注意点
  • 仮免許練習中のプレートで運転できる条件
  • 「仮免許練習中プレート」を選ぶ時の注意点
  • 仮免許練習中のプレートの値段は?
  • 仮免許練習中プレートどこにつける?
  • 仮免許練習中、プレートをつけないとどうなる?
  • オンラインショップでのプレート購入方法
  • 仮免許練習中プレートのオンライン購入先

ダイソーやセリアで売ってない

残念ながらダイソーやセリアなど100均では、この種のプレートは一般的に取り扱っていません。それでは、どこで購入することができるのか、詳しく見ていきましょう。

ホームセンターで売ってない可能性が高い

ホームセンターでも仮免許練習中プレートの取り扱いはあまり一般的ではありませんが、大型の店舗では稀に見つけることができるかもしれません。ただし、カー用品専門店に比べると種類や在庫は限られていることが多いです。

ドンキでも売ってない可能性が高い

ドン・キホーテなどの大型ディスカウントストアでは、時に仮免許練習中プレートを見つけることができるかもしれません。しかし、これもホームセンター同様、常時在庫があるわけではなく、見つけた場合はラッキーと言えるでしょう。

仮免許練習中プレートはどこで売ってる?ダイソーやドンキで売ってない

仮免許練習中プレートは、主に自動車教習所、カー用品店(例えばオートバックスやイエローハット)、そして免許センターで販売されています。これらの場所では、一般的に1,000円から2,000円程度で購入可能です。特にカー用品店では、デザインや素材のバリエーションが豊富に揃っており、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

自動車教習所で売ってます

自動車教習所では、仮免許練習中プレートを購入することができます。教習所で購入するメリットは、正規のプレートを確実に手に入れることができる点です。また、教習所のスタッフからプレートの正しい使用方法についてのアドバイスを受けることもできます。

免許センターで売ってます

免許センターでも仮免許練習中プレートを購入することができます。免許センターでの購入のメリットは、公的機関であるため、信頼性の高いプレートを手に入れることができる点です。ただし、免許センターの場所によっては、プレートの種類が限られていることもあります。

カー用品店で売ってます

カー用品店では、仮免許練習中プレートの種類が豊富です。ここでは、デザインや素材を自分の好みに合わせて選ぶことができます。また、店員からのアドバイスを受けながら、最適なプレートを選ぶことが可能です。

通販の最安値はどこ?

 

口コミ・レビューから分かった弱点と対策

まずは、仮免許練習プレートの良い口コミと悪い口コミをご紹介します

良い口コミ:

  1. マグネットシートなので車を傷つけずに簡単に取り外し可能。
  2. 走行で外れる心配がない。
  3. 安価でありながらクオリティが良く、マグネットもしっかりしている。
  4. 剥がれずに一定期間使用可能(5日間や雨の日など)。
  5. 折り曲げてもすぐに型が戻り、問題なく使用可能。
  6. 雨や風の日でも剥がれないマグネット力がある。

悪い口コミ:

  1. フロントボンネットには滑りやすく、装着面を水洗いしても滑り落ちる。
  2. 使用中にすぐに飛んで行く。
  3. 使用2回目で一方が剥がれて紛失。
  4. フロントに貼ったものがいつの間にか落ちてしまい、効果がなかった。
  5. 走行中に剥がれて失われた経験がある。
  6. 使用中に浮いてきて飛ぶことがある。

どちらも仮免許練習プレートの接着力についてレビューしていることが多く、しっかりくっつく!という人もいれば、すぐに飛んでいく!という人もいる。

これらの情報をまとめていくと、しっかりくっついていたと評価している人にはある共通点があることが分かりました。プレートをしっかりと車にくっつけるためにはちょっとした工夫が必要なんです。

では、一体どうすればいいのかまとめてみました。

1. プレートを取り付ける前に車を清潔に保つ

プレートが車のボディに十分な密着を得るためには、ボディが清潔な状態であることが不可欠です。ボディに付着した埃や汚れが密着を妨げる可能性があるため、取り付ける前に車を十分に水洗いし、清潔な状態に保ちましょう。

2. マグネットシートをしっかりと押し付ける

プレートを取り付ける際は、十分な力を込めて押し付けることが重要です。特に凹凸のある箇所や曲面に取り付ける際には、力の均等な分布を心がけましょう。これにより、マグネットがしっかりとボディに密着しやすくなります。

3. プレートの角や縁にも注意を払う

マグネットシートの端や角がボディにしっかりと触れているかを確認しましょう。特に高速走行時には風圧がかかるため、これらの部分がボディにしっかりと密着していることが重要です。細かな隙間があれば、風圧によって剥がれる可能性が高まります。

4. プレートを水洗いしてから取り付ける

マグネットシートを水洗いしてから取り付けることで、より密着性を高めることができます。ただし、フロントボンネットなどは滑りやすいため、水洗い後には慎重に作業しましょう。水洗いは汚れを取り除き、シートとボディの間に空気が入らないようにする効果があります。

5. 長時間の高速走行前に確認

長時間の高速走行前には、プレートの取り付けがしっかりとされているか確認しましょう。特に高速道路では風圧が強くかかるため、不安な場合は途中で停車して再度確認することが重要です。

これらのポイントを検討して、仮免許練習中プレートが車にしっかりとくっつき、剥がれるリスクを最小限に抑えましょう。安全で安心な練習環境を整え、免許取得に向けて自信を持って臨むことができます。

仮免許練習中プレートを貼る位置は?

教習車を運転する際には、仮免許練習を行うことが一般的です。この際、車両の前後には「仮免許練習中」の表示が、通常のナンバープレートの横に配置されます。

同時に、自家用車のナンバープレートを貼り付ける位置についても具体的な基準が存在します。車の前後で、地上から40センチ以上、120センチ以下の範囲内で見やすい位置にプレートを設置する必要があります。この位置においては、ナンバーおよび車の灯火が遮られないように慎重に配置することが求められます。

これにより、他の道路利用者や交通関係者がナンバープレートや灯火を明確に確認でき、安全な運転状態が維持されます。特に、これらの基準は法令で明確に規定されており、運転者はこれに則って自動車のプレートを配置するよう心がけなければなりません。

総じて言えることは、仮免許練習やプレートの配置に関する法令は、交通安全を確保し、適切な情報提供を行うために存在していると言えます。そして、その順守が道路での円滑な移動と共有の一翼を担っています。

仮免許練習中プレートは車内に貼ってもいいの?

仮免許練習中プレートを車内に貼ることについての疑問にお答えします。

前面のガラスに貼ってはいけないという規定はありますが、後方のガラスに車内から貼ってはいけないというルールはありません。

しかし、仮免許練習中プレートは大きさが横幅30センチ、縦17センチとなるため、視界を遮る可能性が高まります。

安全性の観点から、車内への貼付はおすすめできません。運転中に視界が妨げられると、交通事故のリスクが増加する可能性があります。そのため、プレートは本来の位置である車の外側に取り付け、安全運転に努めることが重要です。

仮免許練習中プレートが恥ずかしい!夜中に練習してもいいの?

仮免許練習中プレート恥ずかしいですよね~

私もうん十年前に仮免許を取ったときに、親父に練習させてくれ!とお願いしたら「お前の横に乗るのが人生で一番怖いから免許取るまで我慢して!」と言われました 笑

しょうがなく母親に頼み込んで、なんとか練習することができました。その時は嬉しくて、上機嫌で練習していたのですが休憩がてらコンビニお茶を買って、車に戻る時「仮免許練習中」というプレートがなんだかとても恥ずかしい・・・・と思った記憶があります。

だったら深夜に練習すればいいじゃん!って考える人もいるかもしれませんが、仮免許の練習は深夜でも大丈夫なんでしょうか?調べてみたけど、時間に関する規定はなく、特に問題ないようです。

私も、母親に夜、といっても10時から11時ぐらいが道も混んでないし、比較的安全だと思うからという理由で練習してました。

仮免許練習中プレートの自作方法:手書きでもOK

画像引用:埼玉県警察

仮免許の練習中には、車に「仮免許練習中」と表示するプレートが必要です。この記事では、法律に則った仕様で、自分でこのプレートを作る方法を詳しくご紹介します。100均で手に入る材料を使って、簡単に作れるので、DIYが初めての方でも安心してチャレンジできますよ。

必要な材料

まずは、プレート作成に必要な材料を揃えましょう。100均で以下のアイテムを購入できます。

  1. 厚紙(白地):サイズは最低34cm×60cmが必要です。
  2. 油性マジック(黒、極太):文字を書くために使います。
  3. OPPテープ(幅広):プレートを防水するために使用します。
  4. ハサミ:厚紙をカットするために必要です。
  5. 定規(30cmが理想):正確なサイズでプレートを作るために使います。
  6. 鉛筆:下書き用です。

プレートの仕様

法律に則ったプレートの仕様を理解しましょう。これを守らないと、罰金が科せられる可能性があります。

  • サイズ:縦17cm×横30cm
  • 素材:金属、木、またはそれに準ずる強度のある材料。紙を使う場合は防水処理が必要。
  • 文字:「仮免許」(縦4cm×横4cm、太さ0.5cm)、「練習中」(縦8cm×横7cm、太さ0.8cm)
  • 文字の色:黒、背景は白
  • 表示場所:地上から40cm以上120cm未満、車体の前後

プレートの作り方

  1. 下書きをする:厚紙に鉛筆と定規を使って、縦17cm×横30cmの枠を描きます。
  2. 文字を書く:「仮免許」と「練習中」の文字を指定されたサイズと太さで書きます。油性マジックを使うと、はっきりとした文字が書けます。
  3. カットする:定規とハサミを使って、下書きした枠に沿って厚紙をカットします。
  4. 防水処理をする:OPPテープを使って、プレート全体を覆い、雨や風に強いようにします。
  5. 車に取り付ける:法律で定められた位置にプレートを取り付けます。落ちないようにしっかりと固定しましょう。

注意点とデメリット

  • プレートのサイズや文字の仕様を間違えると、法律違反となり罰金が科せられる可能性があります。
  • 自作プレートは市販のものに比べて耐久性が劣る場合があります。定期的なチェックとメンテナンスが必要です。
  • 防水処理を怠ると、雨天時にプレートが損傷する恐れがあります。

まとめ

このように、100均で手に入る材料を使って、簡単に法律に則った仮免許練習中プレートを自作することができます。ただし、仕様を正確に守り、定期的なメンテナンスを忘れないようにしましょう。自作することで、コストを抑えつつ、DIYの楽しさも味わえます。安全運転を心がけながら、充実した練習時間をお過ごしください。

仮免許練習中のプレートで運転する際の注意点

仮免許練習中のプレートを使用する際は、いくつかの注意点があります。まず、プレートは車の後部にしっかりと固定する必要があります。また、プレートを使用している間は、教習者だけでなく、同乗する指導者も交通ルールを厳守することが求められます。さらに、プレートの使用は、仮免許の条件下での運転に限られるため、正式な免許を取得した後は使用しないようにしましょう。

仮免許練習中のプレートで運転できる条件

仮免許練習中のプレートを使用して運転できるのは、仮免許を持っている本人のみです。また、同乗する指導者は、運転免許を取得してから3年以上経過していることが条件となります。この条件を満たさない場合、プレートを使用しての運転は認められません。

「仮免許練習中プレート」を選ぶ時の注意点

プレートを選ぶ際は、視認性と耐久性に注目しましょう。特に夜間の視認性を高めるためには、反射材を使用したプレートが推奨されます。また、耐水性や耐候性のある素材を選ぶことで、長期間の使用にも耐えることができます。

仮免許練習中のプレートの値段は?

市販の仮免許練習中プレートの価格は、一般的に1,000円から2,000円の範囲です。ただし、デザインや素材によって価格は異なります。また、オンラインショップでは、さらに多様な価格帯のプレートが見つかる可能性があります。

仮免許練習中プレートどこにつける?

地上から40cm以上120cm未満、車体の前後

仮免許練習中プレートは、車の後部に明確に表示する必要があります。これは他のドライバーに対して、車内に仮免許のドライバーがいることを知らせるためです。プレートの取り付け位置は、他のドライバーにとって明確に見える場所を選ぶことが重要です。

仮免許練習中、プレートをつけないとどうなる?

仮免許練習中にプレートをつけないで運転すると、他のドライバーが仮免許のドライバーであることを認識できず、安全上のリスクが高まります。また、法律によりプレートの使用が義務付けられているため、使用しない場合は罰則の対象となる可能性があります。

オンラインショップでのプレート購入方法

オンラインショップでは、さまざまな種類の仮免許練習中プレートが販売されています。オンラインでの購入のメリットは、自宅にいながら多様な選択肢から選ぶことができる点です。ただし、実物を見ずに購入するため、商品の詳細やレビューをよく確認することが重要です。

仮免許練習中プレートのオンライン購入先

オンラインで仮免許練習中プレートを購入する際は、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングがおすすめです。これらのサイトでは、商品の詳細情報やユーザーレビューが豊富にあり、購入前に多くの情報を得ることができます。

プレート購入時の価格比較と選択肢

プレートを購入する際は、価格比較を行うことが重要です。自動車教習所、カー用品店、免許センター、オンラインショップなど、購入先によって価格は異なります。また、デザインや素材によっても価格は変動するため、予算に合わせて最適な選択をすることが大切です。

仮免許練習中プレートの購入先まとめ

仮免許練習中プレートの購入先としては、自動車教習所、カー用品店、免許センター、オンラインショップが主な選択肢です。

 

仮免許練習中プレートはダイソーで売ってるのか?総括

記事をまとめます

  • ダイソーやセリアなど100均で売ってない
  • 大型のホームセンターなら売ってる可能性がある
  • ドンキの一部店舗でも売ってる可能性がある
  • 自動車教習所で売ってる
  • 免許センターで売ってる
  • オートバックスで売ってる
  • イエローハットで売ってる
  • 要件さえ満たせば自作できる
  • 運転する時の条件を満たす必要がある
  • 楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなど通販で購入可能
  • 価格は1000円~2000円前後